Home » 注目のトピックス, スウィーツ & ドリンク » 表参道、アントルメグラッセと出会う。


表参道、アントルメグラッセと出会う。


LINEで送る
Pocket


須賀 いづみ / IZUMI SUGA
美/食/旅が人生のテーマ。最大の武器はミーハー心。化粧品会社に長く勤めたのち、美容にとって一番大切なことは良質な食材を摂ることだと気付き、今は美容×食×空間のなんでも屋さんをしています。ニューヨークからラオスまで、世界中に食のアンテナを設置中。

今年も街中がピンクとハートとチョコレートで溢れる季節になってきました。

ついにすぐそこに迫っているバレンタイン!女性が男性にチョコレートをあげる。そんなお菓子会社の戦略から生まれた企画だったとしても、せっかくの一年に一度のイベント。食べ物が絡んでくるイベントなら私は俄然張り切り屋に転身します(笑)

新種のスイーツを発見したい!と毎年燃えているのですが、今年はこんなものを見つけました。
アントルメグラッセをご存知でしょうか。

【アイスクリームで作ったリッチなデコレーションケーキ】を意味するこのスイーツ。
日本では表参道にお店を構えるGLACIEL(グラッシェル)から発信されており、スイーツ界の新しいブームにもなっています。アイスと言ってもフランスやベルギーなどのヨーロッパでは夏だけではなく一年を通して親しまれているそう。日本ではアントルメグラッセにあまり馴染みがなかったからなのか…これは食べる前から「美味しい!」と言ってしまいそうな見た目の豪華さ!



アイスとケーキ、この無敵の要素が合体したのだから、万人に好まれることは間違いないはず。
噂には聞いていたのですが、やっと表参道にあるお店に足を運ぶことができました。

持ち帰りの方は一階でショーケースに飾られた華やかなアントルメグラッセを眺めながらゆっくり選び、その場で楽しみたい方は二階のサロン・ド・テへ。



後者を選んだ私はサロンでアントルメ グラッセの3種盛りをオーダーしました。



ホールももちろん豪華ですが、お皿に盛りつけられたアントルメグラッセは切り口を見ても美しい。



更には、一口頂いた瞬間の冷たい食感は爽やかだけど、口の中でアイスが溶け始めてからはぐっと甘さを感じます。一口で二度も三度も楽しめる贅沢スイーツでした。

もはやバレンタインというイベントに慣れてしまっている世の男性陣。
“日本未上陸”という看板を背負った高級チョコレートの箱を渡しても「ありがとー!」とすぐにカバンにしまわれたらなんだか切ないですよね。ましてやそのチョコレートの魅力を一生懸命説明したところで、男性の心にはほぼ届いていないと思って間違いないでしょう。(笑)

それならば!今年は第一印象からサプライズを仕掛けてみては!?
見た目から新鮮さを味わってもらえるはずです。季節のフルーツを使用しているシャーベットがメインになっているメニューもあるので、甘いものが苦手な人にもオススメです。またホームパーティーに持って行けば、周りの人達と差をつけられることも間違いなし!

インターネットから事前注文をすれば、全国への配送も行っているので、これなら遠距離の彼にも、なかなか会えない実家のお父さんにも…ちょっと新しいサプライズが出来ますよね。

今年のバレンタインはGLACIEL(グラッシェル)で、新鮮なバレンタインを演出できるはず!


【店舗詳細】
グラッシェル(GLACIEL) 表参道店
住所:東京都渋谷区神宮前5-2-23
TEL:03-6427-4666
営業時間:11:00~20:00
カフェのラストオーダーは19:00
定休日:毎週火曜日
火曜が祝日の場合は営業、翌日休みはなし
http://www.glaciel.jp/ (オンラインショップはこちらから)

LINEで送る
Pocket

  • 会社概要
  • ライター募集
  • このサイトについて
  • 利用規約
  • お問い合わせ
  • Copyright © 2015 releasetable All Rights Reserved.